#2467 2022年5月7日対西宮シャドウズ(高塚)

今日はなんといっても19番だ。決勝タイムリーに2試合連続セーブと投打に渡り大活躍であった。

50番はなんだかんだで3安打だった。

77番は相手剛球投手のストレートを見事に弾き返した。

25番は結果こそ出なかったがロングティーでのパワーはさすがだ。

8番は粘りのピッチングで見事勝ち投手になった。

11番はライトでのスーパーキャッチが光った。

61番はビッタビタのコントロールで見事勝ち投手になった。

60番のセンター前はパワーで持っていった。

26番はキャッチャーで素晴らしいリードをみせた。

55番はセンターの守備が安定していた。

99番はとにかく寝よう。

23番は笑うことが何より大事だ。

71番は知らなかったがよかったよかった。

快晴のもととにかくよく笑った。

#2466 2022年4月30日対ルーキー(あじさいサブB)

今日はなんといっても77番だ。

新しい練習バットの効果が抜群でヒットを量産した。

練習の鬼である。

26番は最終回値千金の同点タイムリーは秀逸であった。

99番は新バットでヒットを放った。いい感じだ。

61番は粘りのピッチングで勝ち投手となった。

19番はバッテリーを組ませてもらったが素晴らしいストレートを投げていた。

8番のセンター前はまさにいぶし銀であった。

18番のセンター前ヒットは素晴らしい当たりだった。

25番の右中間への当たりはノビが半端なかった。

50番は帳尻合わせのヒットはさすがだった。

快晴のもと楽しいグフ活動ができた。

#2465 2022年4月23日対DREAMTIP(あじさいサブB)

今日はなんといっても50番だ。2週連続となるがあの特大ホームランは説得力十分だ。

またボール球を振らずにストライクゾーンを確実に捉えている。だからバッティングフォームを崩すことがない。

25番もライナーでフェンスオーバーした。まさにペーニャのようだ。

19番も負けじとホームランを放った。赤バットがよく似合う。

61番のファースト強襲安打は素晴らしい当たりだった。

8番はらしいライナーでのレフト線ヒットが秀逸だった。

11番のセンター前ヒットは粘りがあった。

55番の盗塁は相手の鉄砲肩にも負けない速さだった。彼がランナーでいると心強い。

26番はリードで8番を盛り上げた。

77番はレフトの守備はもう少しのところであった。打球に到達するまでは速い。

99番はとにかく謝ろう。

快晴の中とても楽しいグフ活動だった。

#2464 2022年4月17日プロ野球

ロッテ・佐々木が8回パーフェクトに抑えた。

これで17イニング連続だ。

球数等で9回は交代したが異次元のピッチングだった。

松坂・ダルビッシュ・田中・山本由伸と相手に絶望感を与える投手はいたが、それ以上の存在になりそうだ。

#2463 2022年4月16日対ツイスターズ(桜が丘)

今日はなんといっても50番だ。

2本のホームランを含む実に5安打を放った。

まさに無双状態だ。厳しいボールには手を出さず確実に捉えている。安定感も抜群だ。

8番は徹夜明けにもかかわらず無四球のピッチングであった。どんなコンディションでも試合を作るのが素晴らしい。

61番はサードの頭を超えるヒットが秀逸であった。

71番はポテンではあったがヒットを記録した。

99番のセンターオーバーは相手投手のストレートを見事に捉えた。

77番は借りたバットでもヒットを打つあたり弘法筆を選ばずであった。

11番は粘りに粘って四球を選んだ打席が素晴らしかった。

26番のホームランは完璧であった。登板がなく残念そうだったが投げなくてよかっただろう。

25番は声で盛り上げていた。早く帰ったあたり孝行息子である。

60番のセンター前ヒットはらしい当たりであった。

快晴の中とても楽しいグフ活動であった。

#2462 2022年4月10日プロ野球

ロッテ・佐々木が完全試合を達成した。

新記録13者連続三振とタイ記録1試合19奪三振と異次元の記録だ。

とんでもない伝説が生まれた。

大船渡高校時代、登板について賛否両論があったが監督さんは喜んでおられるだろう。

#2461 2022年4月9日対ライナーズ(桜が丘)

今日はなんといっても19番だ。2本のホームランと1日2セーブと投打に渡り大活躍であった。

50番は試合を決める特大ホームランを放った。打った瞬間に投手が崩れ落ちるぐらい完璧な当たりだった。

77番もパワフルなバッティングをみせた。

8番は粘りのピッチングで見事勝ち投手となった。

61番もビッタビタのコントロールで勝ち投手となった。

18番は快速投手のストレートを捉えてヒットにした。

25番はショートでの動きがコミカルであった。

26番はもう少しでフェンスオーバーの惜しい当たりがあった。

11番はコントロールが素晴らしかった。

99番はキャッチャーで味方を盛り上げた。

暑いぐらいの快晴のもと楽しいグフ活動ができた。

#2459 2022年3月19日対ライナーズ(桜が丘)

今日はなんといっても77番だ。

2本の特大ホームランを放った。さすがミスター桜が丘である。

50番もホームランを含む実に5安打を放った。まさに無双状態である。

19番もホームランを含む投打に渡って活躍をした。

8番は強力ライナーズ打線と真っ向勝負で勝ち投手になった。

25番のライト線への当たりは秀逸であった。

26番はあともう一歩のところでフェンスオーバーだった。

60番の最終打席はらしいヒットだった。

11番は安定したピッチングであった。

99番はとにかく寝よう。

雨中であったが最後までできてことが何よりだ。

#2458 2022年3月12日対ルーキー(あじさいメイン→A)

今日はなんといっても11番である。3イニングをピシャリと抑えた。またバッティングでもらしいヒットを連発した。

25番は今日も特大ホームランを放った。凄まじいパワーだ。

26番のタイムリーはしっかりと捉えた素晴らしい当たりだった。

50番はピッチングで存在感をみせた。

8番は敗れはしたがさすがの安定感だった。

61番はコントロールが抜群だった。

77番は結果こそ出なかったがエグいスイングだった。

19番のライトオーバーはグングン伸びた。右にも大きいのが打てる。

18番はピッチャーに捕られたがセンターに抜けようとする当たりだった。

99番はとりあえずよく寝よう。

春を感じさせる中とても楽しいグフ活動だった。