#2475 2022年7月2日対TBC(あじさいメイン)

今日はなんといっても26番だ。2試合続けて勝利につながるヒットを放った。勝負強さが秀逸であった。

8番はなんだかんだ試合を作り勝ち投手となった。

61番は1点差のヒリヒリする展開でも投げきり勝ち投手となった。

55番はセンターで安定した守備をみせた。

25番はレフトでいい守備をみせた。適性がある。

77番はパワフルなバッティングを今日もみせた。

11番のセンター前ヒットは素晴らしい当たりであった。

60番はリリーフで完璧なピッチングをみせた。

猛暑であったがアフターでもよく笑い楽しいグフ活動でだった。

#2474 2022年6月25日対ツイスターズ(あじさいサブB)

今日はなんといっても99番だ。

キャッチャーとして献身的なリードをした。

そのひたむきな姿は心を打たれるものがあった。

50番は帳尻合わせで2安打記録した。

8番は敗れはしたが粘りのピッチングをみせた。

61番はピッチングではタコ殴りにあったがコントロールが良かった。

77番はライトへかち上げヒットを打った。

25番はセンターでいい守備をみせた。

26・11番は次がんばろう。

また今年も熱い夏がやってきた。

#2473 2022年6月18日対bulls awaji (瀬戸)

今日はなんといっても61番だ。特大のライトオーバーエンタイトルは桜が丘なら入っていた。ここにきてバッティングの撮れ高も増えてきた。

25番のライト線の当たりは素晴らしかった。

18番は粘りのバッティングでヒットを放った。

8番は敗れはしたが試合を作った。

60番はリードで同級生をもり立てた。

99番の3塁線を破るヒットは秀逸であった。

77番のライトオーバーはパワーがえげつなかった。

71番のショート守備は球際の強さが素晴らしかった。

雨が心配されたが最後までできて楽しいグフ活動であった。

#2472 2022年6月11日対東播タイガース(あじさいサブA)

今日はなんといっても8番だ。

投げては延長8回を投げぬき打っては自らサヨナラヒットを放った。素晴らしい粘りであった。

50番のグランドスラムは打った瞬間に確信する完璧なホームランだった。、

61番は打線の援護もあり勝ち投手になった。バッティングの撮れ高もあった。

55番はライトの守備で素晴らしいプレーをみせた。

1日5試合こなす鉄人ぶりであった。

26番は久しぶりにいいピッチングをみせた。

99番はキャッチャーで盛り上げた。

25番は野太い声で盛り上げた。

77番は次頑張ろう。

3試合半というロングランだったが脱落者もなくやり抜いたのが凄い。

#2471 2022年6月4日対淡麗IPA・プレジャーズ(あじさいサブB)

今日はなんといっても55番だ。

走攻守全てに大活躍であった。頼りになる存在だ。

61番はコントロールビッタビタで見事1対0の完封勝利をあげた。

8番は体のキレが抜群で勝ち投手になった。

99番は決勝の犠牲フライはボールに食らいついていた。

60番は痺れる場面だったが見事守護神ぶりを発揮した。

50・25・26・77番は次頑張ろう。

また夏がやってきた。楽しくグフ活動をしよう。

#2470 2022年5月28日対ツイスターズ(高塚)

今日はなんといっても61番だ。

打った瞬間フェンスオーバーと思わせる素晴らしい当たりを放った。桜が丘なら入っていた。

77番は第1試合から大当たりだった。練習は裏切らない。

8番はショートの守備で安定感を見せた。グフの三遊間はまだまだ譲れない。

26番のレフトオーバーは素晴らしい当たりであった。

25番のレフト前ヒットはエグい打球速度であった。

99番はらしいヒットを放ち新バットが馴染んできた

50番は帳尻合わせで3安打放った。

19番は結果こそ出なかったが奥様の前で躍動感溢れるプレーをみせた。

夏を感じさせる暑さであったが楽しいグフ活動ができた。

#2469 2022年5月21日対東播タイガース(あじさいサブB)

今日はなんといっても50番だ。

特大のホームランを放ち今シーズン10号の二桁にのせた。5月時点での達成は脅威の数字だ。

8番は粘りのピッチングで勝ち投手になった。

レガシーでもヒットを放ちいい感じだ。

61番はタコ殴りに合いながらも無四球というのがすごい。

60番の右中間への当たりはさすがであった。

26番のホームランはフェンス直撃かと思ったがそこから伸びた。

18番はキャッチャーとして献身的なリードが光った。

25番は今日もパワフルなバッティングをみせた。

19番はリリーフで見事なピッチングをみせた。

99番はとにかく寝よう。

今日も笑い声溢れるグフ活動ができた。

#2468 2022年5月14日対ランランルー・GB・プレジャーズ(あじさいサブA)

今日はなんといっても25番だ。凄まじいホームランを放った。スタン・ハンセンのウェスタンラリアット並みの説得力のある当たりだった。

50番はなんだかんだで4安打放った。

26番のホームランは打った瞬間確信した。

77番も負けじとライナーでフェンスオーバーした。

まさにカブレラだ。

8番はなんだかんだらしいピッチングで勝ち投手となった。あまりの援護におかしいと感じたが、まさかの落とし穴があった。

99番は快速ピッチャーから素晴らしいヒットを放った。

55番はとにかく動きがいい。

11番は安定したピッチングをみせた。

61番はコントロールビッタビタだった。

18番は8番が痛みに苦しんでいる時の気配りが素晴らしかった。

19番は次がんばろう。

雨が心配されたができたことに感謝だ。

#2467 2022年5月7日対西宮シャドウズ(高塚)

今日はなんといっても19番だ。決勝タイムリーに2試合連続セーブと投打に渡り大活躍であった。

50番はなんだかんだで3安打だった。

77番は相手剛球投手のストレートを見事に弾き返した。

25番は結果こそ出なかったがロングティーでのパワーはさすがだ。

8番は粘りのピッチングで見事勝ち投手になった。

11番はライトでのスーパーキャッチが光った。

61番はビッタビタのコントロールで見事勝ち投手になった。

60番のセンター前はパワーで持っていった。

26番はキャッチャーで素晴らしいリードをみせた。

55番はセンターの守備が安定していた。

99番はとにかく寝よう。

23番は笑うことが何より大事だ。

71番は知らなかったがよかったよかった。

快晴のもととにかくよく笑った。

#2466 2022年4月30日対ルーキー(あじさいサブB)

今日はなんといっても77番だ。

新しい練習バットの効果が抜群でヒットを量産した。

練習の鬼である。

26番は最終回値千金の同点タイムリーは秀逸であった。

99番は新バットでヒットを放った。いい感じだ。

61番は粘りのピッチングで勝ち投手となった。

19番はバッテリーを組ませてもらったが素晴らしいストレートを投げていた。

8番のセンター前はまさにいぶし銀であった。

18番のセンター前ヒットは素晴らしい当たりだった。

25番の右中間への当たりはノビが半端なかった。

50番は帳尻合わせのヒットはさすがだった。

快晴のもと楽しいグフ活動ができた。