#2391 2021年7月31日対ファイザーズ(深江)

今日はなんといっても77番である。

激走ホームスライディングはチームに勢いをつけた。

守備でのやらかしはあるがご愛嬌である。

11番は渋いヒットを連発していた。地味であるが活躍している。

8番は第2試合で違和感があったがきっちり試合を作った。

26番はしっかり3安打を記録した。ショートからの矢のような送球が素晴らしかった。

55番は故障をおしながらも鋭いスイングをしていた。

50番はギータのようなフルスイングで威圧感が半端なかった。

61番は敗れはしたが安定したピッチングをみせた。

99番は疲れがありながらもキャッチャーとして盛り立てた。

71番は朝一番にもかかわらず和歌山から駆けつけてくれた。らしいライト前ヒットも放った。

猛暑ながらも元気で楽しいグフ活動ができた。

#2390 2021年7月24日・52番結婚式

52番がめでたく新婦の故郷である福井県で挙式した。

コロナ禍の影響で1年延期となってここまで至るに大変な苦労があったと思う。

式は新郎・新婦の人柄があらわれるとても心暖まるもので感動的であった。

二人ともご両親の愛情やご兄弟の仲の良さが伝わり幸せいっぱいの人生を今まで歩んできたことが分かった。

これから末永く幸せな家庭を築いていってほしい。

またご夫婦でグフにも遊びにきてほしい。

#2389 2021年7月23日対神戸ブルーレイズ・sixo’clock連合軍(深江浜)

今日はなんといっても55番である。

怪我をおしながらも鮮やかな流し打ちや同点タイムリーなど随所に素晴らしいプレーをみせた。

11番の決勝タイムリーは粘り腰であった。

8番はなんだかんだいって6回2失点でしっかり試合を作り15勝目をあげた。

77番は広い深江浜の最深部へフェンス直撃安打を放った。パワーがエグい。

50番もあわやホームランという特大ファールを放つなどパワフルなバッティングをみせた。

60番も競い合うようにエグい当たりを連発していた。

19番は2試合連続セーブと若き守護神として存在感をみせた。

99番も勝ち越しのきっかけになるヒットは詰まりながらもしっかり振り切っていた。

61番は投手としてしっかり試合を作り勝ち投手となった。

26番はキャッチャーとして素晴らしいリードをみせていた。

猛暑の中であったが脱落者は1人も出なかったのがすごい。

#2388 2021年7月17日対東播タイガース(あじさいサブB)

今日はなんといっても19番である。

勝ち越しタイムリーや守護神など走攻守全てで躍動した。

8番は今日もクオリティーの高いピッチングで勝ち投手となった。貯金ができる投手である。

61番は見逃し三振を取りまくっていた。外角へのコントロールが抜群であった。

99番はレフトで流れを止めるファインプレーを連発していた。

11番はキャッチャーとしてショートバウンドをうまく捌いていた。

26番はなんだかんだいって3安打を放った。雰囲気のある時は必ず打つ。

本格的な夏に入ったが元気な活動ができた。

#2387 2021年7月10日対ライナーズ(桜が丘)

今日はなんといっても23番と55番である。

二人とも久しぶりの参加だったが元気な姿を見せてくれた。

23番はグランドスラム・55番はセンターバックスクリーンへのホームランと大活躍であった。

50番は先頭打者ホームランで一気に流れを持ってきた。

60番もレフトへ特大のホームランを放った。

8番は食い逃げ作戦で見事勝利投手となった。

61番は今日は期するものがあり見事な完投勝利を飾った。

77番はホームランこそ出なかったがライトへの素晴らしい当たりを放った。

19番はショートでいい守備をみせた。

11番はファーストでショートバウンドを見事にさばいた。

99番は朝一九州から駆けつけてくれた。来ただけでえらい。

71番は和歌山から駆けつけてくれた。23番とのトークを楽しんでいた。

26番は温情采配での起用で無失点に抑えた。

雨が心配されたが開催できたことがありがたかった。

#2386 2021年7月3日対TBC(あじさいメイン)

今日はなんといっても99番である。

ヒットを量産し桜が丘ならフェンスオーバーの特大ヒットも放った。

8番は勝ち投手にこそならなかったが安定したピッチングをみせた。

77番のランニングホームランは素晴らしい当たりであった。加速する全力疾走も好感が持てる。

50番は相手代表との対決はしびれた。

26番はヒット1本が珍しく感じたが、試合後のトークは相変わらずだった。

19番はリリーフで打たれはしたが長いシーズンこういうこともある。

61番は2週続けて試練のマウンドとなったが援護力がある。

雨が心配されたが開催できた代表の交渉力に感謝したい。

#2385 2021年6月26日対ツイスターズ(桜が丘)

今日はなんといっても50番である。

桜が丘にめっぽう強く今日も2本ホームランを打った。特にインコースの厳しいボールをレフトポール際に放り込んだ技術はすごい。

8番は相手代表との投げ合いを見事に制した。

77番は結果こそ出なかったがフルスイングで威圧感を与えていた。

61番は敗れはしたがコントロールは抜群だった。

60番はセットアッパーとして2イニングをゼロに抑えた。

19番は久しぶりの参加で肉体改造をしていた。パンプアップした身体で素晴らしい動きを見せていた。

26番は今日も3安打を放った。相手守備位置をよく見てバッティングができている。

99番はレフトでのスーパーキャッチが秀逸であった。

#2384 2021年6月12日対プレジャーズ(あじさいサブB)

今日はなんといっても11番である。

トリプルヘッダー3試合とも守護神として見事に抑えた。

奥様の前でいいところを見せられた。

71番は第3試合で猛打賞をきめた。ファーストを襲ったライナーはらしい当たりだった。

23番は最後のライト前が素晴らしかった。彼がいるとベンチが明るくなる。

8番は僕の新ミットおろしのためバッテリーを組んでくれた。三振を奪ったストレートはすごいボールだった。

26番は今日も3安打を放った。特に逆転タイムリーは流しではなく引っ張った素晴らしい当たりだった。

77番はピッチングでいいボールを投げていた。プライベートでも嬉しいことを知らせてくれた。

61番は最終回で逆転のおかげで3年連続の二桁勝利を記録した。

99番は4回を安定したピッチングで勝利投手となった。1試合を任せられるスタミナがある。

今日は天気が心配されたが最後まで楽しむことができた。

#2383 2021年6月5日対池田アトムス(あじさいサブA)

今日はなんといっても26番である。

第1試合でヒットを量産した。打席に入っている時の集中力がすごい。まさにゾーンに入っている。

8番も腰の痛みを感じながらも強力アトムス打線をゼロに抑えた。

60番も見事なリリーフで8番の勝ちを援護した。

61番は敗れはしたがコントロールが抜群で今日も無四球であった。

50番のホームランは打った瞬間に確信した当たりだった。相手投手がマウンドで崩れた。

18番はセンターへしぶといヒットを放った。ボールに食らいつく姿勢が素晴らしい。

11番はライトへらしいヒットを連発した。入院明けすぐに参加する姿勢がいい。

99番はレフトの守備で好プレーを見せた。相手に精神的ダメージを与える守備であった。

#2382 2021年5月29日対東播タイガース(あじさいサブA)

今日はなんといっても8番である。

故障明けであったが延長8回を完投で投げきった。

かなりの疲労なのでケアをしっかりしてほしい。

77番の特大ホームランは圧巻であった。

あじさいサブの左中間最深部へ放り込んだ。凄まじいパワーだった。

61番は援護もあり見事に勝ち投手になった。今日も無四球であった。コントロールが抜群だ。

26番は今日も4安打を記録した。スイングに全く無駄がない。

50番は特大ファールを連発していた。

威圧感半端ない。

55番はセンターオーバーの当たりが素晴らしかった。まさに輝明である。

18番は走塁で存在感をみせた。黙々と練習をしている姿が素晴らしい。