#2374 2021年4月3日対神戸保専(高塚)

今日はなんといっても26番である。

得意の右打ちは見事だった。

悪意の塊など言われているがこのバッティング技術は素晴らしいものがある。

61番はみんなからの愛を受けて勝ち投手になった。

特に相手左打者へのインコース攻めは素晴らしかった。

55番は痛いデッドボールを受けながらも紳士的な態度であった。

8番はなんだかんだヒットを量産した。帳尻合わせ力がある。

25番はレフト・ライトの守備が見事で流れをこちらに向けた。

18番のヒットは内から最短距離でバットが出ていて力強さがある。

99番はオレンジバットで快音を出していた。

11番はお祝いを受けて動きにも切れがあった。

19番は足を痛めていたがそれも感じさせない動きであった。

60番は途中で帰ったがまた家族で顔を出してくれた。とても義理固い男だ。

50番は左中間最深部へ特大の当たりを放った。

もう少しでホームランだった。

桜シーズン最後になりそうだがいつものようなとても楽しいグフ活動となった。

#2373 2021年3月27日対buzzer(あじさいサブA)

今日はなんといっても桜である。

満開の下で野球ができた。

ありがたいことだ。

55番のタイムリーはらしい右を意識したバッティングだった。

8番は激走ホームインが秀逸であった。

26番は右へ狙いすましたヒットを放った。

99番は先頭打者で見事に捉えた。

18番も続いてヒットを放ち8番への愛をみせた。

50番は結果こそ出なかったがスイングの威圧感が素晴らしい。

25番はキャッチャーとしての安定感がある。

61番のヒットは速球を見事に引っ張った。

敗れはしたが快晴のもと活動できたことがありがたい。

#2372 2021年3月20日紅白戦(あじさいメイン)

今日はなんといっても71番である。

ここ一番で劇的なサヨナラヒットを放った。

昭和軍の意地を見せた。

8番は19番から放った痛烈なヒットが秀逸であった。

26番はピッチングはさておきバッティングでは安定した捉えをしていた。

99番は無四球完投をやってのけた。

60番はリリーフでさすがのピッチングをみせた。

55番もコントロールよく特にチェンジアップが素晴らしかった。

77番は61番との対決で見事特大ツーベースを放った。

25番はかなりいじられて存在感をみせた。

19番は打たれはしたが素晴らしいボールを投げていた。

50番はやはり敵にしたら威圧感が半端ない。

61番は立ち上がりこそ打たれたが、後はいつもの安定したピッチングをみせた。

やはり紅白戦はとても楽しい。

助っ人に来てくださった方々に感謝したい。

#2371 祝・入籍

11番が本日入籍した。

奥様は何度かチームの応援に来てくださった。

とても明るい感じのいい方だ。

11番は鬼のような学歴であるが、インテリ感を全く出さない。心穏やかで優しい男だ。

11番の優しさと奥様の明るさで幸せな家庭を築いてほしい。

#2370 2021年3月13日対Dreamtip(あじさいメイン)

今日はなんといっても61番である。

ビッタビタのコントロールで圧巻のピッチングであった。

25番はキャッチャーとしての的が大きくてとても投げやすい。

26番は狙いすました右打ちで先頭打者ランニングホームランを記録した。

相手の出鼻をくじいた。

50番はミスショットがなくしっかり捉えていた。

8番は敗れこそしたがらしいピッチングをみせた。

99番は下半身の粘らせてのヒットが素晴らしかった。

18番はブルペンでのピッチングがよかった。

77番は長打こそなかったがしっかり振り切ってヒットにした。

23番のレフト前ヒットは見事であった。試合勘が戻ってきている。

雨で開催が危ぶまれたができたことに感謝したい。

#2368 2021年3月6日対ライナーズ(桜が丘)

今日はなんといっても61番だ。

4本のホームランを浴びながらも勝ち投手になった。

援護運が凄い。

8番はライナーズ打線の勢いをわすが1点で止めたピッチングが素晴らしかった。

19番は劇場型リリーフだったがしっかり抑えた。

26番はカーブが効果的でいい感じのピッチングだった。

11番はストレートの質が上がっていた。

99番は61番のリリーフだったが見事に抑えた。

55番は珍しく引っ張ってのヒットを放った。強烈な当たりだった。

25番は喋りといじられで存在感を見せてグフの着地点にスムーズに入っている。

18番は内角を捌いてのヒットは見事であった。

50番は今日もホームランを放った。ライナーズから最も警戒されている。

77番も安打を量産した。捉え感が半端ない。

壮絶な打撃戦であったが自チームの繋がりで勝利することができた。

#2367 草野球の大記録②

8番の通算1000本安打記念品ができた。

とても喜んでくれた。

次の2000本安打まで道のりは遠いが1本ずつ積み重ねていってほしい。

#2366 2021年2月27日対東播タイガース(あじさいサブA)

今日はなんといっても26番だ。

勝ち越しタイムリーでの集中力は素晴らしかった。

まさに塊であった。

99番は確変状態でヒットを量産した。試合前のバッセンでの打ち込みが実を結んでいる。

8番は粘りのピッチングで勝利投手となった。

61番は愛のある援護が続いている。

19番は薄氷を踏みながらも抑えこんだ。

11番はいつものように見逃し方がいい。

71番はトークで存在感をみせた。

60番は打席前の喋りがとても楽しそうだ。

50番は紙一重のスイングであった。

25番は威圧感が半端ない。

18番は久しぶりの参加だったが元気な姿を見せてくれた。

77番のタッチアップでのスライディングは見事だった。

それぞれがグフ活動を楽しむことができた。