#2259 2月15日対TEAM TBC戦(あじさいサブA・メイン)

今日はなんといっても50番である。

特大ホームランを放った。

特大ファールの後の連発だ。

相手にも恐怖感を与えていた。

強豪TBCが最も恐れているバッターだ。

8番はショートの守備で安定感をみせた。

サードから見ていて安心感がある。

0番はセカンドでスーパープレーをみせた。

我々首脳陣が内野を守るととても楽しい。

26番は長男誕生後初めての参加だったが、決勝ランニングホームランを放った。

ここ一番の勝負強さがある。

61番はプライベートでいいことがあったことが野球にも生かされていた。

肘の高さを少し上げたことで安定感が戻ってきた。

来週遠矢浜で是非フェンスオーバーを狙ってほしい。

11番は今日も安定したピッチングをみせて見事勝利投手になった。最終回のしのぎも素晴らしかった。

77番は捕らえた時の打球の威力が半端ない。

トレーニングの成果が出てきている。

55番は結果こそ出なかったが捕らえた打球がいくつもあった。次回の活躍を期待している。

99番は実戦初登板を見事ゼロに抑えた。

ずっと早くからグランドに来てピッチング練習を繰り返していた。

見ていて応援したくなるプレイヤーだ。

19番は相手キャッチャーから「スイングスピードが凄い!!」と絶賛されていた。

また高機能カメラでいい場面を撮影してくれた。

とてもありがたい。

今日も個々に素晴らしい活躍をみせてくれた。

#2258 2月8日対西宮シャドウズ戦(あじさいサブA・メイン)

今日はなんといっても60番である。

あじさいメインのレフトスタンドに放り込んだ。

プロ野球観戦のような盛り上がりであった。

投げてもピシャリと抑えた。

61番も試合を決めるヒットを放った。

ベースランニングに躍動感がある。

11番はブルペンで9割ストライクの調子を試合でも発揮して見事完封に抑えた。

77番はセンターに痛烈なヒットを放った。

フルスイングした時のパワーは素晴らしい。

8番はきっちり試合を作り3勝目をあげた。

ぜひ久しぶりにバッテリーを組みたい。

55番のランニンググランドスラムはまさに技術とスピードが合わさった技であった。

50番の本塁突入のタイミングが素晴らしかった。

走りで活躍した。

19番は試練のマウンドであったがプラス思考であるところが良い。

99番はキャッチャーとして汗だくになりながらピッチャーを盛り上げていた。

キャッチャースキルも上がってきている。

今週も全員がいいところをみせてくれた。

来週も楽しみである。

#2257 2月1日対シックスウェイサンダース戦(あじさいサブA・メイン)

今日はなんといっても61番である。

5安打7打点と無双状態であった。

投げても無失点でピシャリと抑えた。

プライベートもいいことがありそうだ。

8番はロブショットが見られ調子が上がってきた。

26番はピンチを迎えながら無失点に抑えた。

持っている男である。

55番のライト打ちタイムリーは秀逸であった。

60番のレフトオーバーは内角の球を上手く捌いた。

77番は新調のマスコットバットをブンブン振り回していた。

3ヶ月継続したらとんでもない打球を打つだろう。

11番は下半身の粘りがあり安定したピッチングをみせた。

50番は練習でフェンスオーバーを連発していた。

あのフルスイングは相手の脅威である。

99番は2週間ぶりの参加で野球ができる喜びを全身で表現していた。

18番は結果こそでなかったが下を向くことなく前向きに取り組んでいる姿勢が素晴らしい。

19番は腰を痛めて本調子でなかったが、豪速球を連発していた。

それぞれに素晴らしい活躍をみせた。

#2256 1月25日対ユニティー戦(あじさい)

2番が久しぶりに参戦した。

ブランクを全く感じさせない動きだった。

特に左中間を切り裂くタイムリーツーベースは素晴らしい当たりであった。

8番は負けはしたが安定したピッチングをみせた。

オマメボールの揺れは素晴らしい。

61番もピッチングフォームを試行錯誤しているが、コントロールが安定している。

また援護運もある。

11番はライトの守備で超ファインプレーをみせた。

球際の強さは秀逸である。

71番は選球眼がよく四球を選んだ。

ボール球を無理して打ちにいかないのでフォームを崩すことがない。

26番はキャッチャーで鬼肩をみせた。

盗塁の抑止力になる。

それぞれに素晴らしいものをみせてくれた。

#2255 1月18日対ファイザーズ戦(名谷)

8番が見事5回無失点に抑え今シーズン初勝利をあげた。

通算200勝という大偉業へのスタートをきった。

その後19番は見事セットアッパーとしての役割を果たした。

60番は1試合目こそ失点したが、2試合目は本来のピッチングを取り戻した。

61番も今シーズン初勝利をあげた。20勝という大きな目標がある。頑張ってほしい。

71番も今シーズン初ヒットをクリーンヒットで飾った。

捉えた時の打球の速さは半端ない。

26番もきっちり2安打を記録した。安定感がある。

11番は守備で存在感をみせた。ファーストの守備には安心感がある。

55番は5安打と無双状態であった。撮れ高が多い。

77番は結果が出なかったがしっかりと振り切れている。自分のスイングを大切にしてほしい。

#2254 2019年MVP

トロフィー授与があった。

55番の活躍ぶりは素晴らしかった。

特に勝利打点10はとんでもない数字である。

常に4割のアベレージを記録している。

今シーズンの活躍も期待したい。

#2253 1月11日対西宮シャドウズ戦(西宮中央)

今日も快晴の中で行われた。

11番は第1試合先発もしっかり3イニングを投げきった。さすがグフの暗黒期を支えた投手である。

26番は打って決勝タイムリー投げても3者連続三振と大活躍であった。見事開幕2連勝を飾った。

55番は今シーズン初打席を当たり前のようにヒットで塁に出た。すかさず盗塁も決め走攻守全てに渡りグフを今シーズンも支えてくれるであろう。

0番も今シーズン初出場でクリーンヒットを放った。

バット投げの美しさは秀逸である。

50番は特大ツーベースを打つなどグフの大砲として今年も活躍してくれるであろう。またピッチャーとしても今年は登板機会も出てくるであろう。

99番はセカンド・レフトでファインプレーを連発した。流れを持ってくるプレーであった。

77番はリリーフで完璧なピッチングをみせた。

覚醒ぶりが半端ない。

61番はアンダースローにしても安定したピッチングであった。とにかく器用なピッチャーである。

19番は1点差の痺れる場面を見事抑えた。また走塁でも素晴らしいものをみせてくれた。グフのプリンスとして今年も活躍してほしい。

今日も強豪西宮シャドウズ相手に全員いいプレーをみせてくれた。

#2252 2020年1月4日対ライナーズ戦(桜が丘)

快晴のもと2020年が開幕した。

8番は勝利こそ飾れなかったがパワーカーブがキレッキレであった。

99番は初試合で快音を響かせた。

71番はグッとこらえて四球を選んだ。

11番はマラソントレーニングの効果で安定したピッチングをみせた。

61番の三塁打はしっかりと振り切っていた。今シーズンホームランを期待させた。

77番は奥様の前で力強いボールを投げていた。

試合を任せられるピッチングであった。

18番は3試合目に4安打と固め打ちをした。最終打席のヒットは動画が撮れた。

19番は圧巻のストッパーぶりであった。下半身がしっかり使えていてボールが低めに集まっていた。

26番は決勝タイムリーを放った。ピッチャーでも今シーズン初勝利をあげた。

今シーズンの活躍を期待させる内容であった。

#2251 12月28日紅白戦(あじさいサブB)

昭和対平成、3番・8番のドラフト会議、61番の20勝をかけたドラフト会議などとても楽しいチームでそれぞれできた。

登板機会の少ない投手もいいピッチングをみせてスタッフ全体の底上げにもなった。

19番と77番は豪快なホームランを放ち来シーズンの飛躍が期待される。

助っ人さんもかけつけてくれたおかげで18人揃った。

紅白戦は年末の風物詩になってもよい。